yumiko

約1年ぶりに描いた絵です。この1年全く描いていなかったので4枚目にして何とか納得する絵になりました。

題名は「希望の花」です。淡い色仕上げです。

今は世の中がマスク不足です。そんなおり何人ものお客様から手作りのマスクを頂きました。

感謝感謝です。そんな訳で毎日色々なマスクを楽しんで仕事に入っています。

4月3日 

鷹匠で4回目の櫻の春です。

裏の神社の櫻は今年もいつものように

美しく咲いています。

日本晴れの日でした。

 

カットモデルさんを描いてみました。

愛知県の香嵐渓に紅葉狩りに行ってきました。駐車場のおじさんは1週間早いと言っていましたが中々の紅葉でした。途中三州足助屋敷の前で猿回しの出し物があり、猿の「リキ君」の素晴らしい演技にすごく感動しました。あれだけの技を身につけるにはさぞかし大変だっただろうなと思いました。動物は癒やされますね。

3年ほど前に担当しているお客様から頂いたフィカスウンベラータ。シャンプーブースの窓の側に置いておいたら上へ上へと伸びていき、今はこの様な立派な姿になりました。枝は細いのに葉は人の顔より大きいです。

8月の終わりの雨の朝仕事に向かう車の中から

通勤途中の北街道の道中気が付くと かわいいカエルがず~と窓に乗って離れず。思わずシャッターを切りました。どこから無賃乗車をしていたのでしょう?

7月最初の休日に愛知県岡崎市くらがり渓谷前の「CAFE KURAGARI] にお茶をしに行きました。カフェ以外

にも手作りアクセサリーや洋服等心躍る品物が沢山有りました。でもそれ以上に目を奪われたのはガラス工房

でした。作家さんが新しい作品、もの作りをしている姿は美しかったです。勿論お茶も美味しかったです。道中

はかなりの山道でした。

先日の休みに浜北の「ニコエ」に行ってきました。いつもはディナータイムなのですが、ランチはどうかな?と思い初めてランチタイムを楽しみました。昼間と言うことも有って可愛い赤ちゃんや幼児がいて夜とは違う雰囲気でしたが、それはそれで良かったです。メニュー自体はディナータイムと同じですが、おなかいっぱい美味しく頂きました。満足!

4月3日 鷹匠で3回目の春を迎えます。裏の神社の桜はここ数日で咲き始め、道行く人たちの目を楽しませています

桜は日本人にとっては特別な花ですね。平成最後の桜です。


2月14日 自分へのご褒美にチョコレートを購入。ひとつひとつが可愛くて食べるのがもったいない気がしますが、、、。

ブリキの箱もなかなかの物です。

県民ギャラリーに展示されています。タイトルは「春」です。

愛知県奥三河の新城市大野に「美術珈琲鳳来館」と言うカフェがあります。大正14年に大野銀行本店として建てられた重厚

な建物で今はカフェになっています。こちらでアメリカンを頂きました。とても美味しくて時間があるときにまた珈琲を頂き

に来たいと思う店でした。店内の内装は当時のままで特に1階の貴賓室の扉がいい雰囲気を出していました。どこかとても懐

かしい想いがしました。

静岡の街中に居ると時たま遠くへ遠くへと想いが募ります。その日は空気も澄み命の洗濯にはもってこいの日でしたので、静岡県と愛知県の県境

の潮見坂へ行ってきました。久しぶりの海と空の広さに心が洗われる想いでした。

第68回静岡県水彩画協会展に作品を出品して入選することが出来ました。展示期間が短くて定休日には終わってしまうので、時間を頂き県立

美術館まで皆さんの作品を見に行かせてもらいました。私の作品は20号で一番小さい号でした。周りは大きな作品ばかりで少し埋もれた感じで

した。上段左から2番目の赤い着物の女性の絵が私の作品です。

「一枚の繪」に出品した作品が入選して名前が載りました。とてもうれしかったですが、もっとうれしかったのが私の担当しているお客様がグランプリを頂いたことです。「猫」の絵で色がとてもきれいな作品です。

絵が好きな人のための雑誌に「一枚の繪」と言う雑誌があります。絵の募集があったので応募したくがんばって1週間ほどでしあげました。

題は「夢」です。全国規模の募集なので結果は期待できませんが参加することに意義があると思い頑張りました。

昨年2月3日節分の日に鷹匠に移転をして丸1年が過ぎました。以前は表通りを通るばかりで裏に神社が有ることは移転をして始めて知りました。小さな神社ですが桜が見事で今年も昨年同様見事に満開です。毎朝カメラを手に神社に入るといつも誰か通勤の方がシャッターをきっています。平和な春、、、、と思います。

バレンタインデー前の休日に「浜北ニコエ」へ食事に行ってきました。食事もさることながら暮れからバレンタインデーまで庭ではイルミネーションがかわいく点灯していてそれもおいしい食事と同じ位目的でした。スタッフの気持ちの良い対応も嬉しいですね。

 3年ほど前から水彩画を描いています。今回は1月15日に県立美術館に作品を提出予定でした。でもここの所全く時間がなくぎりぎりの2日
 間で夜を徹して描き上げました。今回の題名は「夢」です。次回の作品はせめて1ヶ月位前から取りかかろうと思っています。

11月末に青葉公園のストリーフェスティバルを見に行きました。青葉公園はイルミネーションの飾り付けがしてありました。公園は今の店が
移転する前にあった場所です。以前は店の中からイルミネーションを眺めていたのですが今回はストリーフェスティバルに出店している店をひ

やかしながらの鑑賞です。毎年の事ながら美しい光だと思いました。

最近ニューヨークで個展を開いたワイヤーアートの作家(写真作品もがんばっている)法月健一さんの作品を購入しました。

地球の上に鳥が立っている作品で一目惚れをしました。お店の本棚の上に置いてます。中々いい味出しています。

10月の始めの連休を使って恒例の安曇野に行ってきました。初日は生憎の雨でしたがいつもの風景はホッとするものが有りました。

ガラスのアートヒルズでは色もきれいなガラス玉を購入!二日目は今コスモスが満開のあずみの公園に行きました。

第67回静岡県水彩画協会展(8月30日~9月3日)へ今年も参加をして入選を頂きました。題名は「希望」です。いつものことですが

毎回時間が無く大変な思いをするのですがそれにも関わらず3回も描き直しをしてやっと完成しました。

期間中県立美術館の県民ギャラリーにはたくさんの方が足を運んで下さいました。ありがたい事だと思います。また次回も頑張って

チャレンジしたいと思います。

2月3日に「鷹匠」に店を移転してから気がついたのは晴れた日の夕方に窓から見える景色がとてもきれいだと言うことです。2度と

同じ日は無いので気が付くとシャッターを押しています。しいて言えば電線が目の前にあるので早く電線の地中化工事が始まってほし

いと思います。

以前静岡市内にあったギャラリー「とりこ」で知り合った法月健一さんが6月25日から7月2日まで元「とりこ」の「choosy」で

「in the forest」展を開きました。ニューヨークで個展を開いたばかりでどの作品もとても素敵でした。どの作品も良かったのですが

私としては特に地球の上に立つ小鳥の作品が好きでした。

 

5月はバラがとてもキレイな月です。そこで去年の5月に訪れた引佐のラ.ローズデバンに行ってきました。奇麗なお花の中のテーブルをお店のスタッフが

あちらこちらと動き回る様はまるでお花畑の蝶々の様でした。ランチセットも美味しくて夢の様なひと時でした。

お店が鷹匠に移転してから裏に神社が有ることを知りました。桜が素敵な神社で一加番稲荷神社と言います。毎日通勤で楽しましていただきました。神社と

桜の組み合わせは日本の美だと思います。